北海道ならではの自動販売機で販売されているもの

珍しい北海道の自動販売機を探す

>

昔ながらの牛乳瓶

地元住民から愛されている

自動販売機では、新鮮な卵を販売しています。
それも、北海道ならではの自動販売機だと言えるでしょう。
卵は特大のサイズや小さいサイズ、双子の卵など様々な種類があります。
好みに合わせて、地元住民が購入しているようですね。
卵の自動販売機は、24時間年中無休で買えるという部分が好評の理由です。

卵料理を作りたいけれど、卵を買い忘れてしまった時に重宝します。
生鮮食品なのでお土産には向いていませんが、どうしても持って帰りたい場合は北海道から帰る当日に購入しましょう。
そして運ぶ際は、割れないよう慎重に扱ってください。
特に車で帰るなら、急ブレーキをかけないように気を付けましょう。
急ブレーキの衝撃で、卵が割れる可能性があります。

懐かしの牛乳を買いたい

今は近所のスーパーで、瓶入りの飲料を見かけることは少なくなりました。
しかし北海道には、瓶入りの飲料を買える自動販売機が残っています。
懐かしいと大人世代から好評なので、記念に購入しましょう。
ラインナップは普通の牛乳、コーヒー牛乳、イチゴ牛乳、フルーツ牛乳の4種類です。
普段から牛乳を飲んでいる人が多いでしょうが、瓶で飲むとまた味が変わったように感じます。

瓶は買っても、処分するのが面倒だと思っている人がいるでしょう。
しかし自動販売機の隣には、空き瓶の回収箱があります。
飲み終わったらそこに入れれば良いので、いつまでも空き瓶が荷物になることはありません。
メジャーな乳製品メーカーが作っており、信頼性の高い味です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる